よくあるご質問

皮革製品のお手入れ

皮革製品のお手入れ

雨にぬれてしまった革靴の手入れ方法を教えてください。

革は水分を含むと柔らかくなって変形しやすく、型くずれが起きやすくなります。

1. 

まず、乾いた布で雨にぬれた革靴の水分を拭き取り、形を整えるためにシューキーパーを入れて、風通しのよい日陰で乾燥させます。

  • ※直射日光やヒーターの当たるような場所で乾かすと、革が変形したり、硬くなったりして、靴を痛めてしまうことがありますので、ご注意ください。
  • ※シューキーパーがなければ、不要な靴下に新聞紙を詰め込んで足の形に整えたものでもかまいません。
  • ※水ぬれがひどく、靴の内側にまで水が染み込んでしまった場合には、新聞紙を丸めてそのまま入れるか、靴用の乾燥剤を使い、靴の中の水分を十分に吸いとってから、同様のやり方で日陰干しをしてください。
2.  乾いたら、靴専用のクリーナーを使って、カビの原因となる靴の汚れをきれいに落としましょう。
3.  その後、油性靴クリームを塗ります。革に栄養を与え、失われたツヤを取り戻すとともに、油分を補給します。
4. 

最後に、靴の保護のためにKIWI防水防汚スプレーを靴全体にムラなく吹きつけてください。

  • ※スプレーが完全に乾いているのを確認してから靴を履いてください。防水効果が半減してしまいます。
カビが生えてしまった皮革製品はどうすればいいですか?
表面の軽い汚れであればKIWIレザーローションで落ちることもありますが、クリーニングに出されることをお勧めいたします。カビは表面だけでなく、皮革内部にも根をはっている可能性があります。したがって、カビが落ちたように見えても、使用したローションの油分を栄養にして内部の根が成長することも考えられます。
茶色靴の手入れの際、靴クリームと靴の茶色が異なっていても、問題ないですか?
茶靴には様々な色目があるので、製品の色とお客様の茶靴の色目が100%合わないことがあります。皮革の素材や仕上げ方法、使用による経年変化によっては、ご使用に伴い、シミ・ムラになる可能性もあります。茶色の製品をお使いになる場合は、必ず目立たないカカト部分やベロなどで発色をお試しいただいてから全体にご使用ください。無色をお試しいただくこともご検討ください。
ほこりを落とす際には、必ずブラシを使わなければいけませんか?布で拭いてもかまいませんか?
布で拭いても問題ありませんが、コバ(革側面の縫い合わせ部分)などの細かい場所のほこりは、布ではとりきれない場所があります。
エナメル靴の手入れ用に適した製品がありますか?
キィウイ製品はいずれもエナメル靴にはお使いいただけません。靴専門店などでエナメル専用のお手入れ用品をお買い求めください。
アニリン染めとは、どんなものですか?
天然植物から抽出した染色剤を使って革をなめす製法です。水性染料を革の中まで染めこませ、革本来のぎん面を生かしているため、透明感ある仕上がりになります。一方、水ぶきしたり、雨に降られた場合でも染み、色落ちしてしまいます。
KIWI スキンガード グレード カビキラー ジョンソン スクラビングバブル パイプユニッシュ ジャバ
COPYRIGHT (C) JOHNSON COMPANY LIMITED. All RIGHT RESERVED.